性暴力救援センター大阪
SACHICO

トップページ / 私たちができる支援 / SACHICOからのお願い

被害にあったあなたは、悪くありません
被害直後に起こりやすい反応
回復のために
ご家族や周囲の方へ
そして、あなた自身もケアしましょう

 

***

被害にあったあなたは、悪くありません

 どんな形であってもあなたの同意なしに性的に接触すること、また接触がなくても、あなたの存在を性的におびやかすこと(露出・盗撮・ポルノなど)は性暴力です。それは暴力行為であり、犯罪です。被害にあったあなたは何も悪くありません。

 性暴力は、からだにもこころにも強い衝撃を与えます。突然の被害によって、これまで経験したこのない気持ちが起こってきます。

 性暴力はトラウマ(こころの傷)を残します。トラウマとなるのは、当然の反応です。あなたは何も悪くありませんし、あなたがおかしくなったわけではありません。

信じられない、
現実のこととして受けとめられない気持ちがする、
恐怖や痛みをあまり感じない、
何も考えられず、ぼーっとする、
さまざまな気持ち(恐怖、怒り、不安、自分を責める気持ち)が湧いてくる、
気持ちが落ち込んだり、沈み込んでしまう、
身体の反応がある(どきどきする、過呼吸になる、冷や汗をかく)…など、

これらは、突然の被害後に、多くの人が経験するものです。誰にでも起こりうる当然の反応です。

 

 

被害直後に起こりやすい反応

 直後のショックが落ち着いたあとも、しばらく不安定な時期があり、次のような症状がみられることもあります。披露や苦痛がひどい時、一ヶ月以上長引く時には、専門機関に相談しましょう。SACHICOに相談いただくこともできます。

 

自分の気持ちがひどく動揺し、混乱していると感じる

  • 精神的にとても不安定だと感じる
  • 抑えきれないような怒りや悲しみを感じる
  • 気分の浮き沈みが激しく、落ち着かない

 

心や身体が麻痺してしまう

  • 事件の時や前後の記憶がない
  • 事件のときに身体が凍りついたような感じがした
  • 事件が他人事のような感じがする

 

事件に関することが頭によみがえってくる

  • 考えたくないのに目に浮かぶ
  • 事件の夢を見る
  • 事件を思い出させるようなものを避けるようになる

 

落ち着かない

  • 夜寝付けない、眠りが浅い、途中で目を覚ます
  • イライラして落ち着かない
  • 集中力がなく、テレビが見られない、本が読めない
  • いつも警戒してビクビクする、物音に敏感になる

 

 

回復のために

 回復のために、被害後に起こる心と身体の変化を理解し、ケアすることが必要です。あなたのペースで、できることからはじめましょう。

 

膣・口内・肛門に男性性器が挿入された場合、病院へ行きましょう。

  • 体の内部に傷はありませんか
  • その他の傷の手当はしましたか
  • 性病の感染はありませんか(数週間たってからの再検査が必要です
  • 妊娠の恐れはありませんか
  • 血液検査をしておきましょう
  • 眠れないなら、しばらく入眠剤などの助けを借りることも必要です

 

自分の生活を取り戻しましょう。

  • 自分が安全だと思えるところで過ごしましょう
  • マイペースを心がけましょう
  • 少しずつでいいから、食べたり、着替えたり、お風呂に入ったり、眠ったりという、いつもの日常生活に戻りましょう
  • 適度な運動をしましょう
  • 気分転換をしましょう(趣味、読書など)
  • 日記をつけましょう

 

助けを求めましょう。

  • 信頼できる人に、体験や気持ちを話して支えてもらいましょう
  • 信頼できる人に、そばにいてもらいましょう
  • あなたが必要としていることを伝えましょう

 

 

ご家族や周囲の方へ

 自分の大切な家族や友人が被害にあうと、周りの人も動揺してしまい、どうしてあげたらよいかと途方に暮れてしまうことでしょう。

 被害の体験を乗り越えようとする人を支えるために、できることがあります。多くの人は、自分のことを大切に思ってくれる人とのつながりに支えられて、回復していきます。

  • 話を聞いたときにイヤな顔をしたり、軽蔑したりしないでください。
  • 本人の話を「本当なの?」と疑ったり「そんなはずはない」と決めつけないでください。
  • 腹立ちのあまり、本人を責めないでください。
  • 被害者は傷つき、弱くなっています。しばらくの間は静かに見守りましょう。説教や激励はこの時期にはつらいだけです。
  • あなたがよかれと思ったとしても、〜すべきなど指示的対応はやめましょう。
  • いろいろな心と身体の症状は、だんだん回復していきます。それでも短くても数ヶ月はかかります。長い目で見守ってください。
  • 加害者に対して強い怒りを感じるでしょうが、先走らず、まずは、本人の回復のペースを大事にしましょう。

そして、あなた自身もケアしましょう。

 

 怒りや罪悪感などをあなたが抱える気持ちについて、誰かから援助を受けることが大切です。

 性暴力救援センター・大阪(SACHICO)にご相談いただくこともできます。

 

トップページ / 私たちができる支援 / SACHICOからのお願い